イベント・お知らせ

  • 周辺観光

円仁ゆかりの秋保街道でご利益をいただく御朱印めぐりの旅!
円仁ゆかりの秋保街道でご利益をいただく御朱印めぐりの旅!

秋保街道(二口街道)は立石寺を建立した慈覚大師円仁が開いた道といわれ、藩政時代は仙台と山形を結ぶ最短ルートとして栄えました。塩釜から塩を運んだ「塩の道」、出羽三山へ参詣する「信仰の道」としても重要な役割を果たし、多くの人々が行き交ったのです。今も人々を守り信仰を集める秋保街道で、御朱印めぐりの旅に出かけてみませんか?

泉明寺(せんみょうじ)
宿から徒歩で約1分

泉明寺
泉明寺

日本三御湯の一つに数えられた名取御湯(現在の秋保温泉)の守護仏と伝わり、古くは平安時代の高僧、慈覚大師円仁により開創された歴史をもちます。
本堂近くには薬師堂があり、明治時代の神仏分離令の際には大己貴命を祀る薬師神社となっていました。今でも鰐口を2回鳴らし、柏手を2拍してお参りします。

秋保神社(あきうじんじゃ)
宿から車で約10分

「秋保神社」参道から社殿

坂上田村麻呂ゆかりの秋保で最も古い歴史があり「勝負の神様」として、羽生結弦選手や多くの著名人が参拝しています。
縁結びや子宝のご利益があるご神木も!毎月1日、15日や第4日曜日など期間限定で頒布される御朱印もありますよ。

御神木「開運桜」
御神木「開運桜」
御神木「子育て若乳銀杏」
御神木「子育て若乳銀杏」

大滝不動尊(おおたきふどうそん)
宿から車で約17分

大滝不動尊

東北三十六不動霊場の29番札所で、古くは山寺・立石寺の奥の院とも称されたと伝わります。ご本尊の不動明王は江戸時代後期に作られ、像高3.3m、火焔の高さ5mと、現存する金銅不動明王で日本一の大きさを誇ります。境内奥からゆるやかな石段を下っていくと、秋保大滝の滝見台に到着しますよ!

御朱印巡り旅マップ

御朱印巡り旅マップ

©いってみっぺ秋保
>> 画像を拡大して見る

▼公式サイトならお得にご予約いただけます▼
プラン検索はこちら

掲載情報は、記事公開時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
おでかけの際は、事前に公式サイトなどでご確認ください。